karad[a]ctiveでは、アレクサンダー・テクニックのプラベートレッスン、ワークショップを行っています。

知らないうちに1つ、また1つと構築されていく身体の悪い癖。さほど使わなくてもいい部分に力が入りすぎていたり、逆にもっと使わなくてはいけない箇所がちゃんと機能しておらず、その機能していないところを補うためにほかの箇所に過度の負担がかかっていたり。身体の中でバランスをとるため、思いのほかあちこちに必要以上の負担がかかり、それが痛みやストレスにつながっていきます。

事実、腰痛や肩こり、外反母趾など、現代病ともいえるさまざまな慢性的な痛みに悩まされている人が本当に多くなってきました。幸運にも痛みはないという方の中にも、頭が前方に傾き、猫背になって、空気がいっぱい入るはずの肺や、栄養を吸収するために働いている胃や腸を押しつぶした状態で生活しているという、体調不良予備軍の人もかなり多いのではないでしょうか。

アレクサンダー・テクニックのレッスンでは、このような身についてしまった無意識に発動する身体にとって好ましくない癖に気づいていただき、本来の身体のシステムがうまく作動するには、どういう風に意識して身体を使っていけばいいか、トレーナーが第三者の目になって案内していきます。

karad[A]ctiveとは、身体とアクティブをつなげた造語。 karad[A]ctiveで、より負担の少ない効率的な身体の使い方を学び、ストレスの少ない生き生きとした身体づくりをはじめまてみませんか?

土屋 亜紀子

バークリー音楽院卒。在学中、声帯の仕組みなどを学ぶボーカルクラスで、歌向上の技術としてスピーチ・レベル・シンギングやアレクサンダー・テクニックの存在を知る。これらのテクニックのワークショップ、プライベートレッスンを受ける中で、声帯や共鳴体といった声の器官は、身体全体でサポートしていることを実感。身体全部をひとつながりのものと捉え、身体の取り扱いの基本を学ぶアレクサンダー・テクニックは、歌のためだけでなく、これまで十数年付き合って来た腰痛や肩こりのない健康的な日々を送るためにも、身につけておきたいものと強く思い、2005年に本格的にトレーニングを開始。MA州のアレクサンダー・テクニック・トレーニング・センターで、ルース・キルロイ、リカ・コーエンの元、3年間の教師養成コースを修了。ボストンを拠点に、AmSAT(米国アレクサンダー・テクニック協会)公認トレーナーとして、個人レッスン、ワークショップに取り組んでいる。