QOL

これといって考えなくても

歯は磨けるし、お茶も飲める。

窓を開けることもできるし、歩いて駅まで行けて、

ご飯も食べれる。

別に事細かに自分が体をどんな風に使っているか

考えなくても毎日過ごすことはできる。


切羽詰まった状態ではないから

絶対考えなくちゃいけないってわけではないかもしれないけれど。

自分の体のことを知って、自分がオーダーした通りに体を使うというのは

当たり前にできていることのようで、意外と難しい。

脳からのオーダーと、実際に起こっていることと、感覚の間に

ギャップが発生していて、それが気づかないうちに

ストレス、緊張、疲れにじわーっとつながってくる。


体のどこかに不調や痛みがあって

それが体の使い方に関係がある場合、

アレクサンダーテクニックをはじめると

すぐに効果がみられる。

でもそれだけじゃない。

これは、生活、ひいては人生の質の問題。

体の使い方が分かってくると、毎日の質が変わる。